記事:「笑顔」と「やさしさ」でチームを引っ張る  杉本早裕吏選手

「笑顔」と「やさしさ」でチームを引っ張る
フェアリージャパン POLAの精神的支柱
中京テレビで放送中の人気番組『アス友』と『aispo!』がコラボ!
第2回は新体操日本代表団体チームのキャプテンで、愛知県名古屋市出身の杉本早裕吏選手に『aispo!』が独占インタビューを行った。

16歳で日本代表メンバー入り、翌年キャプテンに
地元開催のオリンピックで初のメダルが期待される、新体操日本代表団体チーム「フェアリージャパン POLA」。今回は、2015年からキャプテンを務める杉本早裕吏選手にインタビューを行った。

4歳上の姉の背中を追うように、6歳で愛知県名古屋市にある「みなみ新体操クラブ」に入会した杉本選手。
身体を使って美しさを表現する新体操にたちまち魅了され、すぐにのめり込んだという。

「クラブの南先生には、仲間の大切さなど、本当にたくさんのことを教わりました。全体がひとつのチームのような温かいクラブでしたね」と、にこやかに振り返る。

その後、メキメキと頭角を現していった杉本選手。16歳で第9期フェアリージャパンのメンバーに選出され、憧れのオリンピックに大きく近づいた。
そして翌年には、チームメイトの投票によりキャプテンに就任。
当初は「不安しかなかった」と話す杉本選手だが、共に合宿生活を送る仲間達からの信頼は絶大だ。
「口で言うだけでは、誰も付いてきてくれません。例えば、ゴミを拾ったり洗面所をキレイにしたり、日常生活で気づいたことは自分からやるようにしています。
そうした姿を見せることで、年下の子も自然に学んでくれますし、演技でのチームワークにも生きてきます」と、キャプテンとして自ら行動で示すことを心掛けている。

仲の良さから生まれる、「同調性」と「笑顔」が強み
キャプテンとして6年目を迎える杉本選手だが、その間には、自信をなくしたこともあったという。
特に、団体総合5位に終わった2018年の世界選手権後は、辞任まで考えたという。
「私のやり方に問題があったのでは、とずいぶん悩みました。でも、みんなに“早裕吏しかいない”と励まされて、もう一度頑張ってみることにしたんです」。

 メンバーの期待に応えるため、再び前を向いた杉本選手。それからは、どんなに辛くても笑顔でチームを引っ張ることを心に決め、メンバーの心のケアにも気を配る。「一人ひとりに声をかけて、悩みがあればしっかり耳を傾けるようにしています。自信を持ち、スッキリした状態でフロアに立ってほしいですから」と語る。

 その言葉のとおり、フロアで舞うメンバーの表情はどこまでも晴れやかで、メンバー同士なごやかに談笑する姿も度々見受けられる。その仲の良さには、『アス友』収録中のヒロミさんとみやぞんさんもしきりに感心していた。「日本チームの特徴は、5人の演技が揃った同調性と笑顔。そこはよく世界一だと言われますし、強みだと思っています」と、杉本選手も胸を張る。

世界選手権で、自力でのオリンピック出場を目指す
 昨年の苦境を乗り越え、迎えた2019年シーズン。
初戦となるモスクワ・グランプリの団体総合で、日本チームは見事銀メダルを獲得し、幸先の良いスタートを切った。
次に見据えるのは、今年9月に開催される世界選手権だ。ここでメダルを獲り、東京2020オリンピックの出場権を獲得するのが目下の目標だという。
「開催国枠で出場は決まっているのですが、やっぱり自分たちの力で勝ち取りたいです。それが自信にも繋がりますから」と、言葉に力を込める。
 
現在、世界選手権に向けて猛練習の真っ最中で、番組の収録日も、フロアでは繰り返しボールの演技が行われていた。
新体操にはロープをはじめフープ、ボール、クラブ、リボンの5つの手具があるが、2年ごとに扱う手具が変更されるルールがあり、今年と来年は、ボールとフープ&クラブが採用されている。
「個人的に得意なのはリボンですが、チームとしては、ボールが得意種目。全員が片手受けをできるのは、実は日本だけなんです。今シーズンは“旅へ行く”をテーマにしていますが、すごく明るく元気な曲なので、観ている方にも楽しんでいただけると思います」。
そう言うと、笑顔いっぱいに仲間が待つフロアへ駆けていった。
「今は世界選手権しか見ていない」と語った杉本選手。その山を越えると、東京2020への旅はいよいよ佳境に入る。

PROFILE
すぎもと さゆり。1996年生まれ、愛知県名古屋市出身。6歳で新体操の名門「みなみ新体操クラブ」に入会、名古屋経済大学市邨高等学校卒業時まで指導を受ける。
その後、日本体育大学に進学、2018年よりトヨタ自動車(渉外広報部)所属。2016年リオオリンピックでは、日本代表の団体総合8位入賞に貢献。
好きな食べ物はスイーツで、特に「コメダ珈琲店」の小倉トーストやシロノワールが大好物。

20190911-060811

20190911-064303


|

WCCポルチマン大会(ポルトガル)結果 

WCCポルチマン大会(ポルトガル(2019.9/6-9/8) 

総合2位
種目別ボール2位
種目別フープクラブ3位

おめでとう ございます。


下記写真は、杉本早裕吏選手・竹中七海選手から送られてきたものです。


Img_2602

Img_2623

|

「第19回全日本新体操クラブ団体選手権」講師:上片平華奈

2019年8月29~31日、群馬県の高崎アリーナにて「 第19回全日本新体操クラブ団体選手権」が行われ、みなみ新体操クラブからは、ジュニア団体2
チーム・徒手団体が出場しました。

前回の試合から、各チームとても意欲的に練習をし、自信をつけてきました。
そのおかげか、大きな試合に出場するのは初めての選手もいる中、良い雰囲気で試合に臨むことができました。

試合では、大きな体育館に、たくさんの観客、緊張を感じながらも、のびのびと踊ることができました。

それぞれのチームに課題はありますが、試合で得た経験を活かし、今後の練習に励んでいきたいと思います。

20190831-1731581_20190918132201

20190831-093234

20190830-1631301_20190918132201

19_20190918132201

19_20190918132202

19_20190918132203

20190831-170853

|

「エルフィンカップ2019」講師:幅 雅美

『エルフィンカップ2019チャレンジの部』が開催されました。
この日は、子供にとって練習の成果を発揮する日となりました。
キッズさんから上級クラス・養成さん・育成さん・チャレンジさん・選手一部が参加しました。
正しく1つ1つ丁寧に動きの確認・練習し、本番の演技へと繋げることが出来ました。
各自の成長を確認することが出来た1日だったと思います。

全員が『満面の笑み』で終われたことが何より嬉しかったです。
これからも自身のレベルアップを目指してほしいです。

今回、保護者の方々のご協力も得て無事終えることが出来ました。
皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

20190901-1830541

20190901-1831161

20190901-203234

20190901-2034571

20190901-1829421


|

「最後の羽島合宿」 講師:森川 尚美

8月19.20.21日、羽島かんぽの宿にて「みなみ新体操クラブ夏の合宿」を選手と上級生徒全員で行いました。

かれこれ、30年程まえから お世話になり、 沢山の思い出あるこの場所。
今年の12月で閉館になる為、最後の合宿となりました。

朝から夜のお楽しみ会まで新体操づくし、時間を忘れて練習出来る環境に感謝し、有意義で幸せな時間を過ごしました。
ここの食事もこれで最後、ここで寝るのも最後、体育館を出る時も名残惜しく、お世話になったスタッフの皆さんにお礼をして 帰途に着きました。

お世話になりました皆様に御礼申し上げます。

20190821-1309031_20190918131001


20190819-2128331

20190821-072627

20190821-072616

|

テレビ放映のお知らせ

テレビ情報(8月17・31日放送「アス友」新体操)
放送局: 中京テレビ
放送日: ①2019年8月17日(土)②2019年8月31日(土)
時 間: 23:30~23:55
番組名: アス友
選 手: 新体操日本選抜団体チーム フェアリー ジャパン POLAメンバー


みなみ新体操クラブ在籍の「杉本早裕吏・竹中七海選」も出演いたします。


|

「フェアリージャパンPOLA 記者会見」

去る7月24日、「フェアリージャパンPOLA」の記者会見が行われました。

 

ちょうど「わくわく合宿」と最終日が重なり、かなり考えました。
世界選手権大会も近く、その前に演技を観たい気持ちとさゆり選手・七海選手、フェアリージャパンPOLAの応援に駆け付けたい気持ちと・・・。
先生方に事情を話し、後ろ髪をひかれる思いで、赤羽に向かいました。

 

会場には、多くのメディアの方が見えていました。
はじめは、みどり色系のレオタードで「フープ・クラブ」の演技でした。
次から次へと手具が投げあげられ、回転を伴った動きや人と人が絡み合う複雑な演技でした。

 

次は、赤いキラキラしたレオタードで「ボール」の演技でした。
ボールは手から離れたら、コロコロと転がって行ってしまいます。

 

選手たちは、本当に良く手具をみていました。
息の合った演技はとても素晴らしく、感動しました。

 

個人の喜田選手は、長い手足を活かして、大技に取り組んでいました。

 

アジェルバイジャンの世界選手権(9月)も近づいてきました。
より演技に磨きをかけて、望んでほしいと思います。
「フェアリージャパンPOLA」、心から応援しています。

多くの皆様の応援、宜しくお願い致します。

 

20190724-1233481

 

20190724-1233131

 

20190724-1203011

 

 

20190724-115309

 

20190724-1235291

 

|

「Tシャツ在庫販売のお知らせ」(クラブ在籍者対象)

今年のTシャツ在庫残り5枚
 
各1枚 
水玉 140サイズ、Sサイズ Mサイズ Lサイズ
縞黒 5人の女の子 140サイズ

 

希望者は、オフィスへお電話下さい。
教室名、お名前、一番早い練習日をお願い致します。お知らせください。
代金は、その日にお持ちください。

 

在庫担当 余語ユミ子

20190708-104621 20190708-104629

 

 

|

「第30回 新体操ジュベナイルギャザリング」のお知らせです。

今年で、第30回を迎えます「新体操ジュベナイルギャザリング」です。

今年も12月、愛知県大府市にて開催の運びとなりました。

簡単な要項を記載いたします。

多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

★「第30回 新体操ジュベナイルギャザリング」

-要 項-

【主 催】 新体操ジュベナイルギャザリング

【後 援】 愛知県、愛知県教育委員会、愛知体操協会、大府市、大府市教育委員会、中日新聞社、東海テレビ放送(申請中)(50音順)

【協 賛】 みなみ新体操クラブ後援会、みなみ新体操クラブOG会、サンアイ旅行名古屋営業所

【開催期日】 2019年12月24日(火)・25日(水)・26日(木)※参加人数により変更の場合あり。
           
【開催会場】 メディアス体育館おおぶ(大府市民体育館)〒474-0011 愛知県大府市横根町平地191    TEL 0562-47-0102

Ⅰ.新体操競技の部
〈1〉団体競技(女子)  
A)シニア・・・中3~社会人  ボール5orフープ3+クラブ2組(5名編成、補欠1)
B)ジュニア・・小5~中3-リボン5(5名編成、補欠1)・小3~小6-徒手(5~6名編成、補欠1)

〈2〉個人競技 (女子)
① シニア・・・中3~社会人  2種目: フープ・ボール・クラブ・リボンより選択
② ジュニア・・小5~中3   2種目: ロープ・ボール・クラブ・リボンより選択1種目: ロープ・ボール・クラブ・リボンより選択
③ ヒヨコ・・・小3~小4 ボール・ロープより1種目選択(ジュベナイル特別ルール)(両種目に出場することもできる。2種目総合の表彰は無し)

※注意事項 
・団体競技出場は、1回のみ 
・団体競技と個人競技は兼ねられる
・中3は、個人・団体ともに、シニアorジュニア出場可(例:個人ジュニア・団体シニア)
・中3の個人は、シニア・ジュニアは兼ねることができない

【参加申込みについて】  
初参加・久しぶりの参加を考えていらっしゃるクラブ・学校の方は、下記メールアドレスへご連絡ください。資料をお送り致します。

すでに本大会事務局に、アドレスを登録頂いているクラブには、ご案内メール(要項と申込用紙のデータ)を送らせていただきます。

ご案内が届かないクラブ・学校がございましたら、下記大会メールアドレスまでご連絡お願い致します。

大会メールアドレス: juvenile373@stepone-m.co.jp

申込締切:2019年10月30日(水)必着 

 

(昨年、第29回の写真です)

1545617545__720220_597_1600481_tn 1545531550__720220_319_3388335_tn 1545631749__720220_597_1601651_tn 1545532115__720220_597_1597930_tn 1545541465__720220_597_1598735_tn 1545550979__720220_319_3387902_tn 1545533727__720220_319_3384637_tn 1545629464__720220_597_1601291_tn

 

|

「安城七夕まつりに参加」講師:鈴木万由美

安城支部で新体操を習っているお友達が、「第66回安城七夕まつり」の初日に、舞台イベントに出場させていただきました。

普段は、交通量が多い安城駅周辺から会場までの道路は歩行者天国となり、たくさんの豪華な七夕飾りが立ち並び、猛暑の中でもたくさんの人出に驚きました。

発表する会場内はクーラーが効いていて、さらにたくさんのお客様で賑わっていましたので、出演する子どもたちは、お客様の多さに驚きを隠せませんでした。わくわくドキドキ緊張しながらもテンションが上がり、笑顔で元気に練習してきたことをしっかり発表することができました。
子どもたちのたくさんの笑顔に幸せを感じ、嬉しい気持ちで終えることができました。

暑い中ご協力を頂きました保護者の皆様、舞台関係者の皆様ありがとうございました。

19201908027  19201908024 19201908025 19201908026 

|

«「エルフィンカップ2019」講師:幅 雅美